blog

先日、某ビール会社さん主催のビールづくり体験に行ってきました!
毎年参加者を募集しているそうで、OBのお客様から教えて頂き参加することができました。

ビールづくりと言っても長~い工程があり、私たちが体験したのは「仕込み」の部分。

簡単に説明すると、

①原料の麦芽を水から煮立て、かき混ぜたり温度管理をしながら麦汁を糖化させる(途中二つの釜に分けてそれぞれ異なる温度で管理)
②糖化した麦汁をろ過し、ホップを添加
③遠心分離を利用して麦汁とホップを分離、上澄みだけを別の容器に抽出
④氷水で冷やされたポンプの中に麦汁を通して冷却
⑤酵母を添加

…という工程。

すごくシンプルに書きましたが、朝9時半~16時まで一日がかりの作業!
できあがった麦汁は同じ作業を行ったのに、温度管理や微妙なかき混ぜ方の違いでグループごとに全く異なる味わい(苦みが強い、バランスがいい、等)になっていました。原料や工程についての説明も丁寧で、想像以上に本気の体験教室でした。

もちろん体験そのものも楽しかったですが、インストラクターさん達の情熱やサービス精神には驚くばかり。参加者を楽しませよう、自分達のビール造りについて伝えよう!という気持ちが随所に伝わってきて、素敵な皆さんの姿に最後泣きそうになりました(笑)

ビールもワインも嗜好品なので、味わいが好き!というのは第一条件ですが、本気の気持ちが伝わることで丸ごと会社やブランドのファンになってしまうものなんだなぁ、、と体感しました。

仕込んだビールはその後インストラクターさんが熟成から瓶詰、シール貼りまで手作業で管理してくださり、6週間後に宅急便で送ってくださるそうです。どんなビールに仕上がっているか、とっても楽しみです(*^^*)

写真上:麦汁が焦げ付かないようにゆっくり、ひたすら撹拌
写真下:糖化の終わった麦汁を冷却中!

Categories :
No Comments

10日ほど前になりますが11月16日、今年もボジョレーヌーヴォーが解禁され、Clos Kachidokiでも計4種類のボジョレーヌーヴォーを用意しお客様に楽しんでいただきました(*^^*)

ボジョレーヌーヴォーというと、ガメイ種100%で作られるフランス・ブルゴーニュ南部地方の新酒。ボジョレーは地方名、ヌーヴォーは新しいことという意味で、マセラシオン・カルボニックという特殊な醸造法で造られるためバナナやイチゴキャンディと形容される独特な甘い香りが特徴の軽い赤ワイン(一部ロゼ)です。

ボジョレーが属するブルゴーニュ地方で栽培される主な黒ブドウ品種はピノノワールという高級品種ですが、ボジョレーではピノノワールの親戚であるガメイ種が作付けされています。14世紀末にピノノワールが壊滅的な病虫害の被害を受けた際、コートドールに病虫害に強いガメイを植えたことがあったそうです。しかし、この品種をコートドールで栽培すると酸味が強く薄いワインしか出来あがらず、時のブルゴーニュ大公がガメイ栽培禁止令を出しすべて引き抜いてしまいました。
その後ボジョレーで栽培するようになったところ、花崗岩質・石灰粘土層の土壌に適し果実実豊かで渋みが少なく、爽やかな酸味を備えたワインが生産されるようになったとのこと。

実際、私達がフランスを旅行したときブルゴーニュ地方北部に属するワインの都ボーヌから南部のボジョレーまで車で1時間以上を要し「こんなに離れた場所にあるんだ!」と驚いたことがあります。ボジョレーはさらに南にある食の街・リヨンに近く、同じブルゴーニュ地方と言えど風土が全く異なることを感じました。

また、日本ではバブル期にボジョレーヌーヴォーが赤ワインブームを巻き起こしましたが、生産者の方はブームが巻き起ころうと過ぎ去ろうと来る日も来る日もブドウ木を大切に育ててくれているんですよね…。ガメイが栽培の適地を見つけ、今日に至るまで生産を続けてきた歴史があり毎年ボジョレーを楽しむことができるのだなぁと思うと、また違った感慨があります。(他のワインにも言えることですが…)

最後に、今年開けたボジョレーヌーヴォーのうちMaison du Bourgはミネラル感や複雑味をしっかり感じるなんとも個性的な造りだったため、急きょ別のボジョレーヌーヴォーも抜栓し、初日にお越しいただいたお客様にボジョレーヌーヴォーの飲み比べをしていただきました。「言われないとこれがボジョレーって思わない!」「これ本当にガメイ?」「なかなか、好きかも~♪」みなさん、興味深そうに楽しんでくださいました(*^^*)

Categories :
No Comments

満月の夜にロゼワインを飲むと恋が叶う…
こんなおまじないがあることを、先日お客様から伺いました。

ほんまかいな!?と思いつつ、ハッピーなおまじない、かつロゼワインを飲む口実にもなる…。(よこしま)
いやいや、どんな願いも思いが強ければ強いほど叶いやすいものです。

というわけで、普段、グラスワインはシャンパーニュ、白、赤をご用意させて頂いておりますが、フルムーンの11月4日(土)はロゼワインも提供いたします(*^_^*) しかも、女性に嬉しいオーガニックワイン♡淡く優しい色合いと、ミネラリーでふくよかな味わいが特徴です。

恋を叶えたい方はもちろん、本格的に寒くなる前にロゼ飲んどこうかなというワインラヴァーなあなたにも…♪ みなさま、お待ちしております。

Categories :
No Comments

東京は一気に気温が下がりすっかり秋模様です。
Clos Kachidokiでは、この季節になると無性に食べたくなるあのチーズ・・・そう、モン・ドールを入荷しましたっ♪(写真右上の木箱のチーズです)

モンドールはフランスとスイスの国境近く・ジュラ山脈の渓谷で秋から冬の間だけ作られることが許されたウォッシュタイプのチーズで、日本には9月末ごろに初物が入荷されます。

チーズの表皮がけっこう分厚いのですが、皮を切り開き、中身をスプーンですくうと、、とろーりミルクの濃厚な風味と、エピセアの木箱由来の香ばしい香りが口いっぱいに広がります。。あぁ、、口福。。(*´ω`*)

今回入荷したモンドールは熟成が若いためまったりとしたミルク風味を味わえますが、熟成が進むとさらに力強いコクや風味が出てきます。個人的にはがっつり熟成したモンドールが好みですが、香りの強いチーズが苦手な方には若いモンドールのほうが食べやすいかと思います♪

その他、日替わりで色々なチーズをご用意しております!週末はClos Kachidokiのおいしいワインとチーズでまったりタイムを過ごしませんか?皆さまのお越しをお待ちしております(*^_^*)

※三連休中の営業時間のご案内※
10/7(土)16:30-23:30
10/8(日)16:30-23:30
10/9(月・祝) 休

チーズ1カット ¥300~
チーズ盛り合わせ 3~4種¥1000~

Categories :
No Comments

先日、当店シェフのお師匠様が来店されました!

某老舗イタリアンで長年総料理長を務めておられた日本イタリア料理界の草分け的存在で、当店シェフも修業中ずいぶんお世話になった方。お越しいただく前は店内にいつにない緊張感が……。しかし、いざ来店されると温かなお人柄と懐かしい思い出話に花が咲き、とても和やかなムードで過ごしていただけました(*^_^*)

いろいろなお話を伺った中で印象的だったエピソードがありました。

お師匠様がフィレンツェで修業されていた時、フランスへ旅行しパリのレストランでイタリアのデザートであるティラミスに出会ったそうです。修業していたリストランテではティラミスを提供していなかったためその存在を知らなかったそうですが、美味しさに感動したお師匠様はイタリアへ戻り、同僚達にレシピを聞いてまわりティラミスを日本へ持ち帰ったのだそうです。

しかし当時の日本ではティラミスの主要な材料であるマスカルポーネが手に入らなかったため、クリームチーズやメレンゲ、クリーム等を合わせて代用しティラミスを完成させ、取引していたチーズ屋さんに依頼し8ヶ月後にやっとマスカルポーネが日本に輸入されるようになったとのこと…。今では当たり前にある生のバジルも当時の日本にはなかったそうです。

現代ではモノが世界中を自由に行き来しなんでも手に入りますが、材料も情報もそろわない時代に苦労された先駆者のお話に驚き、そして自分もその時代を見たかのようなワクワクした気持ちになりました。

Clos Kachidokiの「酔っぱらいのティラミス」はその名の通り洋酒でパンチをきかせており、こちらのお師匠様のレシピとは異なるのですが、試食してアドバイスをいただいたのでまた進化したティラミスをお届けできればと思います!

Categories :
No Comments