ワインとお料理のマリアージュ♪

ワインを扱っていて楽しい!と思う瞬間のひとつが「マリアージュ」です。

「マリアージュ」はフランス語で結婚や婚姻という意味の単語ですが、転じてワインと食事の組み合わせや、その相性が良いという意味で使われています。

私が以前働いていたお店はワインバーでしたのでメニューはおつまみ的なものが多く、はじめの頃はマリアージュという言葉すら知りませんでした(^^;;
ですが、当時
とあるシェフやソムリエさん達が開催したコラボディナーに参加させていただき、一皿ずつのお料理とそれぞれに合わせたグラスワインのマリアージュがどれも素晴らしく、驚きの連続!!初めて「本物のマリアージュ」を体験したのがこのイベントでのことでした。これが食事とワインの相性に興味を持つきっかけになりました。

昨年8月にClos Kachidokiをオープンし、平行してワイン学校に通って学びながら自分なりにどの料理にどんなワインが合うか?考えて実践!とにかく実践!…を繰り返し、「うーんなんか違うなぁ…」「やばい。生臭い…」と少しずつ学習しながら、頭の中で料理とワインを組み合わせたときの合う合わないのイメージがなんとなーく、浮かぶようになってきました。

お客様にもお料理やチーズに合うワインをたずねられることが多く、「これすごく合うね~!!」と言って頂くと一気にテンションあがります。笑(←単純)今日用意しているグラスワインとすり合わせたり、場合によっては別のボトルを開けてみたり、出来うる限りのアイデアをひねり出しています。

もちろんシェフにも協力してもらって、マリアージュを検証するために時々営業前や後に料理を作ってもらったり味見させてもらっています!ちょっと面倒くさそうな顔をされますが(^^;; でもぴったり合う組み合わせを見つけると、シェフも「これ合うわ~♪」と嬉しそうな感じ!??

以前働いていたお店からのユニークなマリアージュで、「半熟ピータン」と「シャンパン」はClos Kachidoki定番の組み合わせなのですが、先日お客様からのリクエストで「何か合う白ワインありませんか?」と聞かれ、うーーーーーん、と脳内マリアージュを繰り広げてから樽の効いた南フランスのヴィオニエとルーサンヌをブレンドした白ワインをお出ししたところ、これがぴったりマッチング!!アインシュタインのように追いつめられるとポン!とアイデアが出ることもあるのかも・・・笑

ただ、ワイン学校でも、一般的に定番の組み合わせ、たとえば青カビチーズと極甘口のソーテルヌワインを「合う」という人もいれば「合わない」という人も半々くらいの割合でいたので、100%のマリアージュはない、とも感じています。お好みに合うかどうか、お客様とワイワイ会話するのも楽しみの一つです^^

ちなみに先日外食していて驚いた組み合わせは、鰻にスパイスの効いたカレーのようなクリーミーなソース+ピノノワール(アルザスの軽やかな赤ワイン)。単体で飲むとシンプルな味わいの薄旨系ピノノワールが、スパイスに補完されて驚くべき立体感と広がりを見せてくれました。ソムリエさんに脱帽!です。

定番の組み合わせはもちろん、目から鱗な楽しいマリアージュも提案していけるようにがんばります♪ 皆様にもお付き合いいただけると幸いです。

——————————–
♪♪ blog裏話 ♪♪

大阪のカタシモワイナリーさんが、たこ焼きに合う、シャンパン方式で造ったスパークリングワイン「たこシャン」を造られているというのを知り、自宅でたこ焼き×シャンパーニュを実践してみました!急だったのでカタシモワイナリーさんのは手に入れられられず、ひとまずフランスのシャンパンで・・・^^

・・・結果、自分で用意したシャンパンと我が家のたこ焼きはミスマッチ(T_T)でした(笑)でも楽しい組み合わせなので今度はカタシモワイナリーさんの「たこシャン」を買ってまたチャレンジしたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です